YU KANAI

金井 悠
 

Ceramic-arts in Japan conjures an image of a white bearded man, living far into the mountains and making vases out of the surrounding dirt.

That stereotype doesn’t suit me - ceramics have diversified a long way. That said, in my own work I like to stay true to tradition as well. The themes I envision is that of an ancient toy.

Despite the old theme – my own method of creating these works combines modern techniques. That is, I often use plaster plates.

As we know plates are used for creating mass produced products.

However the plate used for my works does not hold that purpose.



The Creation Process

1. I decide what I want to create.
2. I mold the plate based on that image

The reason?

I want to have the shape/design defined from the start rather than having to apply color and the pattern later on the process.

I see this as an evolution in craftwork and I’m going to continue, so as to refine this modern method.

 
 
 
 
  「出土した玩具」をテーマにしています。
 
 
僕は作品制作によく石膏型を用いるのですが、
型というものは同じものを大量生産するのに適しています。
 
しかし僕の場合は大量生産が目的ではなく、
まず先に作りたいものがあって、
それを実現する為の方法として型を採用する、という順番になっています。
ですので、必然的に型を使うことでしか表現できないものになっていると思っています。
 
他の方法でもよさそうなものもありますが
それでも型を使う理由は、後から色をつけたり模様を彫ったりするのではなくて、
はじめからそういう状態で存在していてほしい、
という思いがあるからです。
 
「陶芸」というと日本では、
白髭をたくわえた人が山に籠り掘ってきた土で壷を作る、
といったイメージがあるかと思います。
しかしそういったステレオタイプに反して
陶芸の世界は実に多種多様で現在も進化を続けており、
僕自身も陶芸の新たな可能性を求めて日々制作しています。